FC2ブログ
まだまだ続く、ものぐさ主婦ツキノワがお届けする楽しい毎日! 息子のこぐまも加わって、目指せ!ラブラブ家族!
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
山口旅行記その3
 
 
【2013/01/15 09:26】
 
 
おはようございます♪ツキノワです。

昨日は書きかけの旅行記がごっそり消え、傷心でございました。
さて、今日は気を取り直して頑張ります~。


さて、下関で一泊した後は朝食を食べて秋芳洞へ。
こちらは日本でも屈指の鍾乳洞。
ツキノワも夫も中学校の修学旅行以来です。


残念ながらこの日は朝から雨だったのだけど、
鍾乳洞の中なら大丈夫ですもんね。
ぱっくりと口を開けた鍾乳洞の入り口と流れる滝をみると、
昔訪れた記憶がよみがえってきました。


観光コースの全長はおよそ1kmです。
ゆっくり歩くので所要時間は40分から1時間ぐらい。
洞内の気温は常に17度なのだそうで、暖かいし歩きやすいかな~と思っていると。


非常に暑かったです(汗)
装備は真冬使用ですからね、さすがにダウンは暑かった。
湿度も高くてお肌うるうるになりましたけど(笑)
こぐまは上着を脱がせて、身軽にして歩かせました。


長い時間の間に水が石灰岩を溶かして巨大な空洞を作り上げたという鍾乳洞。
当然今も変化を続けていて、ぽつぽつ落ちてくるだけのようなわずがな水でも、
長い長い時間をかけて自然の形を変えていくんだなぁと思うと、なんだか感動しました。


さて、鍾乳洞を抜けるとまた雨。
最初に車をとめた駐車場まで戻るには、
もう一度鍾乳洞の中を引き返すか、バスかタクシーなのだそうです。


タクシー代1000円、バス代一人350円程度・・・歩くこと無料、そしてプライスレス。
なんて思ったんですが、
気温と湿度の高いところが極端にダメな夫。そして1時間たっぷり歩いた後の4歳児(汗)
ということで、泣く泣くタクシーに乗りました。
晴れてたら鍾乳洞の外を歩くのになぁ・・・なんて夫。
そうそう、雨がいけないのですよ。


でも、鍾乳洞の中を歩くのは楽しいので、湿度がお嫌いじゃない方は引き返すのがおすすめです。


さて、秋芳洞のそばはお土産物屋さんがたくさんあって、
どこもそれぞれ駐車場をしています。
有料の所がほとんどですが、食事や土産物を買うとタダにしてくれます。
ということで、ツキノワたちも旅の記念にお土産を買うことにしました。


夫の会社の人たちへのお土産を買ったので、まあまあたくさん買いました。
するとお土産物屋さんのおばちゃんからサービスで鍾乳石をもらいました。
CA3J0046.jpg
電動ルーターというのかな、小さなドリルのようなもので、「秋芳洞」と日付を掘ってくれました。


さて、ツキノワ達の旅行にはもう一つルールがありまして、
訪れた場所で必ず地名入りのお土産アイテムを手に入れることです。
キーホルダーとか、刻印できるメダルとか、地名入りのミニ提灯とか(笑)
ザ・土産物というアイテムを記念に一個手に入れなければならないんです。
今回は夫と「これでいいじゃん♪」と即決まりました。
おばちゃん、ありがとう。


車に乗り込んでから秋吉台へ。
秋吉台は秋芳洞の上に広がる日本で最大のカルスト台地です。
こちらも修学旅行でいったっきり。
確か、緑の台地に石灰岩が点在していて綺麗だった記憶があるのですが、



今日は、雨、そして真冬(汗)


ということで、茶色い枯草の台地と雨模様が待ち受けておりました。
とはいっても記念なので、しっかり雨にぬれつつ台地を駆け回ってビデオ撮ってきました(笑)
楽しめるかどうかは、気持ち次第ですもんね。


でも5分で撤収。


タクシーを使ったことと、秋吉台観光ができなかったことで、
お昼前にはまわり終えてしまった秋芳洞と秋吉台。
本当はお昼もここで食べていく予定だったのだけど、
急遽予定を変更してもう少し違うことろにも行ってみることに。


ということで、次回は防府観光です~。


スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
FC2 Blog Ranking この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://tsukinowa89.blog98.fc2.com/tb.php/125-75536ef4

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。